妊娠が発覚したら脱毛サロンに通うのはやめてください!

女性である限り、いつどんなときでもキレイでありたいですよね。キレイの秘訣の一つが、脱毛ともいえます。

 

ワキや足、デリケートゾーンなど、気になる部分のムダ毛を処理し、スベスベお肌を手に入れたい女性はとても多いと思います。

 

脱毛はいつでもできるわけではない

しかし、注意をしたいことがあります。それは、脱毛はいつでもできるものではないということです。

 

季節によって脱毛の成果や安全性が異なるのはもちろんですが、実は女性のほとんどが経験する妊娠の間には、脱毛ができないことになっているのです。

 

妊娠中の脱毛はとっても危険です。

 

妊娠中の脱毛はとても危険

レーザーやフラッシュの光や熱が胎児に影響を与えることは、ほぼないと言われています。

 

しかし、それでも妊娠している時に脱毛の施術を行うのはとても危険なので、絶対に避けてください。

 

まず、妊娠中には、吐き気やめまい、それにつわりなど、自分ではコントロールのできない体の不調が随時発生します。

 

ストレスや痛みがトラブルの原因になることも

妊娠中の大切な時期に脱毛の施術により、心身共にストレスを与えてしまっては、生まれてくる赤ちゃんに影響を与えかねません。

 

また、脱毛の施術をするとき、ベッドの上に不自然な姿勢で横たわることがありますが、これでは下手をすると流産の原因になってしまいます。

 

また、脱毛の痛みにより、陣痛が引き起こされるケースもあります。

 

脱毛のコース中に妊娠が発覚したら…

できれば妊娠中の脱毛は避けたいけれど、脱毛のコースを受けているときに妊娠が発覚することもあります。

 

そんなとき、せっかく費やしたお金や時間が無駄になりそうで、とても不安ですよね。

 

ですが、安心してください。

 

ほとんどの脱毛クリニックやサロンでは、脱毛中に妊娠が分かった場合、脱毛期間を延長してくれるサービスを設けています。

 

これなら、出産が終わってひと段落した後、リラックスして脱毛を再開できますね。

 

妊娠がわかったら、まずは赤ちゃんと自分の体を第一に

妊娠しているときは、目先の美容よりも、赤ちゃんと母体の健康が何よりも大事です。

 

脱毛のことはひとまず脇に置いて、できるだけゆったりとした日々をお過ごしくださいね。

 

 

どうしても妊娠中も少しでも脱毛を続けたいという場合は、脱毛石鹸などを試してみるのもいいかもしれませんね。

 

人気の脱毛石鹸についての記事はこちら

K-STOP 評判は?口コミで話題のkstopは効果なし?