未成年で脱毛したい場合に気を付けたいこと

未成年の方でも脱毛したいと思う事ありますね。むしろ、未成年だからこそ脱毛したいのかもしれません。

 

自分の身体の事、人の体のことが気になる思春期は、ムダ毛の悩みはファッションの面だけではなく、時には友達作りなど様々な悩みが複雑に絡み合ってきます。

 

 

10代のムダ毛の悩みは自己処理よりも脱毛サロンがおすすめ

そんな、10代のムダ毛の悩みは自己処理で解決をするよりも脱毛サロンがオススメです。

 

若くてきれいなお肌を自己処理で傷つけずに専門家に頼りましょう。

 

しかし、未成年で脱毛をしたい場合には、いくつか気を付けなければならないことや、やらなければいけないことがありますので、紹介したいと思います。

 

未成年の脱毛は親権者の同席や同意書が必要

まず、未成年で脱毛したい場合はサロンによって規定などが違いますが、多くのサロンで採用されている約束事がありますので見てみましょう。

 

やらなければいけないことについてですが、はじめに親権者の同席が必要となります。

 

サロンによって異なりますが、カウンセリングの時に、本人だけではなく親が一緒に付き添って脱毛での注意点などの案内を一緒に受けることになります。

 

または、親権者の同意書が必要になります。親が同席しての説明が必要ではなくても、同意書を持ってくるように求められることがあります。

 

初潮が来ていないと脱毛はできないことが多い

次に、気をつけなければいけない事ですが、初潮が来ているかどうかということです。

 

脱毛をする部位によって生理が来てから1年以上してからではないと脱毛をすることができないなどの決まりがあります。

 

成長期の女性は、女性ホルモンが整っていないためであって、身体が落ち着いてきてからではないと再発毛の可能性があるからです。

 

また、学生であると、授業や部活で日に焼ける機会が多いですが、しっかりと日焼け対策をする必要があります。

 

脱毛をしている肌に紫外線のダメージが加わると、お肌の老化を促進させることになりかねません。

 

しっかりした肌ケア、保湿も大切です

そして若いうちでも、お肌が乾燥してしまいます。

 

お肌のケアを忘れてしまいがちな年齢でもありますが、脱毛をしたお肌は少なからず痛みがちですから、しっかりと保湿ケアをすることが大切となります。