海外の脱毛事情

日本では、ムダ毛を処理するのが当たり前になっていますね。

 

実際に、私たちの日本人は協調性を大切にします。人と同じようにしていよう、目立つことは嫌いと言う文化なのではないでしょうか。

 

その為、周りがきれいにしているのと同じように腕の毛が目立ってはいけないなんて思って、思春期の頃になるといきなり、ムダ毛を気にするようになるのです。

 

日本人独特の人と合わせるという心があることもあり、女性のほとんどの人が脱毛や除毛を経験していると言えます。

 

日本の主流はエステサロン

日本では、エステサロンでの脱毛が一般的です。

 

自宅での除毛や脱毛処理と同じくらい手軽で大変人気で多くの人が支持していると言えるでしょう。

 

街中を見渡せば、多くのエステサロンがあり、私たちは気軽にエステでの脱毛をすることができますが、海外ではこんなに脱毛が浸透しているとはいえません。

 

また、日本のエステサロンでの脱毛技術は大変優れていて、エステティシャンの腕もよく、精度の高い機械がそろっているのが事実です。

 

日本は脱毛方法の選択肢の幅が広い

それぞれのエステサロンには、独自のプランや施術方法があったりと、私たち日本人には、海外に比べて脱毛方法の選択肢の幅が広いと言えます。

 

海外の脱毛意識ですが、日本とは全く異なります。

 

しかし、海外と一言にまとめたとしても、細かい事はもちろんお国柄によって考えは違います。

 

海外での脱毛意識とは

北米やヨーロッパの一部では、腕やすね毛は気にしない割に、アンダーヘアーはばっちり全剃りにしています。

 

フランスや北欧では、あくまでも個人それぞれで、全て処理している人もいれば、全く気にしない人もいます。

 

ファッションや美意識は個性の一つくらいに考えているのでしょう。

 

海外で主流のブラジリアンワックス

日本で脱毛と言うと、レーザーや光脱毛が一般的です。これに比べ、海外ではブラジリアンワックスで脱毛します。

 

海外でレーザーがさほど浸透していない理由は自毛の色が薄い茶色や金色であるという事にあります。

 

また、日本人と比べるとびっしりと生えている割には細くメラニン色素の量が少ないので、レーザーが効きにくいという事もありワックス脱毛と言うのが主流です。