脱毛の痛みについて

脱毛の痛みは施術の方法や脱毛機種によって違いがあります。

 

最も痛いと言われる脱毛方法は、ニードル脱毛なのですが、ニードル脱毛というのは針を直接毛穴に刺して毛根を焼く方法です。

 

やはり針を直接刺すということから、痛みに強い方でも我慢できないほど痛いというお声があがっています。

 

ニードル脱毛は痛みはあるが効果も一番

ですが、ニードル脱毛は脱毛の確実性についてはどの脱毛方法よりも効果があります。

 

ただ、あまりにも痛みが強すぎるため、近年ではニードル脱毛を希望される方は少なくなっています。

 

医療用レーザー脱毛は医師の指示のもとで施術

次に痛いといわれるのが医療用のレーザー脱毛です。

 

黒いものに反応する光を利用して照射するのは脱毛サロンのフラシュ脱毛と同じですが出力に違いがあり、医師の指示のもとに使う機器となっています。

 

レーザー脱毛は機種によって痛みに違いがあります。

 

最新の機種ほど痛みが少ないが出力調整も可能

最近の機種は照射と同時に冷却できる機器もありますが、古い機種はそうしたものがないので近年の機種に比べると若干の痛みがあります。

 

痛みの感じ方は個人によって違いがありますので、痛ければ冷却や痛み止めあるいは出力を低くしてもらった方が賢明です。

 

それこそ痛みの感覚は個人個人違いがあるので同じではありませんが、それでもニードルほどは痛くなく、出力の量によって多少なりとも痛みが変わります。

 

出力と効果、痛みは比例するが痛みは慣れることも

しかし、出力を抑えればそれだけ効き目も小さくなります。

 

痛みに弱い方の言い方かも知れませんが、人によっては剣山が当てられるとかメスで切るようだとか言われる方もいらっしゃいます。

 

しかし脱毛というのは1回目の施術だと痛みを感じる事がありますが、2回3回と回数が多くなればそれだけ毛も薄く少なくなっていくので、痛みも少なくなっていくものです。

 

きれいになるためにはしばらくの辛抱とも言えます。

 

フラッシュ脱毛はレーザーに比べると痛みは少ない

 

また、脱毛サロンで使われるフラッシュ脱毛ですが、原理はレーザー脱毛と同じとなっています。

 

レーザーほど痛くはありませんが、その代わり出力がレーザーに比べると弱いのでその分、痛みは少なくなっています。