脱毛サロンで契約の取り消し(クーリングオフ)をする方法

脱毛サロンの無料カウンセリングに行く前に、必ず脱毛サロンのクーリングオフの方法は覚えておきましょう。

 

クーリングオフとは、脱毛施術をコースで契約してしまったあとでも、契約をなかったことにして、支払ったお金を全額返金してもらうことができる制度です。

 

クーリングオフの方法は書面で脱毛サロンに通知するだけで、脱毛サロンに電話して交渉する必要もないし、出向く必要もありません。

 

クーリングオフには条件がある

もちろんどんな条件でもクーリングオフできるわけではなく、クーリングオフができない事情もあります。

 

脱毛サロンで無料お試しを受けて、カウンセラーに勧誘されてコース契約したけど、自宅に戻ってよくよく考えたらやっぱり後悔して取り消したいと思ったときなどは、クーリングオフが役に立ちます。

 

クーリングオフが可能なのは、契約をした日から8日以内、8日目の消印まで有効で、契約期間が1か月以上、契約金額が総額5万円以上の場合です。

 

クーリングオフにはきまった様式がない

クーリングオフに使用する書面は決まった様式というものがなく、基本的には契約相手、脱毛サロンに契約を破棄しますという内容の手紙を書いて、8日以内に送付すればいいのです。

 

ですが普通郵便などで送付すると、トラブルになった場合に脱毛サロンが届いていない、8日過ぎているなどと言う可能性がありますから、送付した日付と確実に届いているということを公的に証明する必要があります。

 

郵便局から、クーリングオフの書面を、簡易書留350円で送るなどして、控えを保管しましょう。

 

クーリングオフの書面は簡易書留で送ろう

投函した日が8日以内であればいいので速達にする必要はありません。

 

配達記録郵便210円でも可能ですが、簡易書留に比べて配達日時の記録はできますが、相手の受領の記録にならないので簡易書留のほうが確実です。

 

脱毛サロンにその書面が届けば、普通ならば返金はされます。

 

クーリングオフに理由は不要。一方的な解除でOK

契約を解除したいのですけど、というような曖昧な表現ではなく、一方的に解除しますと申し出ることが大切です。
解除する理由などは必要ありません。

 

クーリングオフというのは、書面で一方的に通知することで不要なやりとりを省くことができます。

 

各脱毛サロンのクーリングオフについての記事

エタラビのクーリングオフはどうやってするの?