ムダ毛の自己処理の問題点

ムダ毛の自己処理をしていてトラブルが起きる方はとても多くいらっしゃいます。

 

ワキや顔など、本当に習慣的に処理しなければならないムダ毛は面倒とも言えます。

 

特に毛量の多い方、毛が濃い方は手間も時間もかかりますし、処理がおっくうな方は多いのではないでしょうか。

 

 

カミソリでムダ毛を剃るときの問題点

カミソリでムダ毛を剃る方法ですが、カミソリを皮膚にあてる際に、毛と同時に皮膚の表面の角質の一部も剥ぎ取っているのはご存知でしょうか。

 

そのために皮膚は乾燥し、かゆみを生じたり、色素沈着を起こしやすいことからシミが出来たりするのです。

 

また剃り落とした毛の断面が斜めになるために、毛が伸びてくると濃くなったかのように見えることもありますし、すぐに毛が生えてきてしまいます。

 

また、錆びたカミソリを使用するのも問題で、毛穴から雑菌が入り毛のう炎を起こすこともありますので要注意です。

 

毛抜きや電気脱毛器での脱毛の問題点

次に、毛抜きや電気脱毛器での脱毛です。

 

毛抜きでの脱毛は皮膚にとって最もリスクの高い方法です。

 

1本ずつ抜くことから、時間や手間がかかるのはもちろんのこと、毛を抜く際に血管や神経を傷つけ、毛穴にバイ菌が入ってトラブルになったり、毛穴が化膿する事もあります。

 

そして埋没毛や色素沈着の原因になったりすることもあるのです。

 

 

薬剤による脱色や除毛、抑毛クリームなどの問題点

また、薬剤による脱色をしてムダ毛を目立たなくさせるという方法もあります。除毛剤や抑毛クリームといった方法です。

 

徐毛剤や抑毛クリームは、痛みも少なく手軽に行えますが、毛を溶かすほどの薬物を皮膚に直接塗るということは、当然皮膚にも影響が生じます。

 

敏感肌の人や体調の悪いときに使用すると、お肌が赤く炎症をおこしたり、薬剤が刺激になって痒みを生じたりしますので、実際に使用する際にパッチテストなど行うことが必要です。

 

自己処理を繰り返すと肌への負担から肌トラブルに

ムダ毛の自己処理を繰り返すという事は、お肌への負担がとても大きいので様々な肌トラブルを起こすことがあるのです。

 

そうした意味でも、ご自分でのムダ毛の自己処理というのは問題点が多いと言えます。

関連ページ

K-STOP 評判は?口コミで話題のkstopは効果なし?
脱毛に関するコラムのカテゴリです。
自分の時間がないけど脱毛したい。そんな時の脱毛方法って?
時間がない。そんなときでも脱毛はしたい。時間を節約する脱毛方法って?
育児中の脱毛ってどうしてる?
育児中の脱毛ってどうしてる?育児中のムダ毛処理を簡単にする方法とは。
育児中の脱毛〜時間がないときのムダ毛のお手入れ〜